事業概要

設立経緯

昭和27年(1952)4月13日、日本吟詠連盟主催による 「全国吟詠普及大会」が東京毎日新聞社大講堂において、 全国の吟詠愛好家を招集して開催された。 終了後、全国的集結を目指して会議が持たれ、5月1日をもって 「日本吟詠総連盟」とし、全国組織として発足する事が決定された。 同時に連盟役員が組織され、初代理事長に佐々木孝吾氏が就任した。 さらに同7月1日に会報(創刊号)が発刊された。 昭和29年10月、日本吟詠総連盟は第1回全国大会を開催、爾来、年1回、 総会を兼ねて定期的に全国大会を開催、自らの修養と親睦を図る一方、 国体と同じく会場を全国各主要都市に移しながら、吟詠、剣舞、詩舞の普及と 青少年善導など、 社会風潮の是正に多大の努力を傾注して今日に至っている。

年間各種事業

1.全国吟詠剣舞詩舞大会(親睦会があります) 2.全国吟詠コンクール大会(文部科学大臣賞、公益財団会長賞) 3.上記各地区予選大会(全国各地区にて開催)

平成27年度地区別常任理事数

北海道152名 関 東190名 甲信越103名 中 部122名 近 畿159名 中 国 94名 四 国104名 九 州216名